③沖縄キャンプ旅

【沖縄キャンプ旅(9泊10日) 2019/4/28~5/7】  寄稿者:坪田守泰

今年のGWは10連休。沖縄へキャンプ旅と洒落込みました。
コースは
1日    岐阜⇒沖縄那覇(ホテル1泊)
2~5日  那覇⇒座間味島(テント3泊)
5日    座間味島⇒那覇(ホテル1泊)
6~8日  やんばるの森森林公園(テント2泊)
8日    名護(ホテル1泊)
9~10日 伊我屋ビーチ(テント1泊)
10日   那覇⇒岐阜・・・帰宅
というわけで、風呂にも入りたいし携帯・スマホの充電も必要で、ホテルを挟みテント
6泊と云う行程です。

座間味島のキャンプ場。外国人(欧米・台湾・韓国さまざま)が半分ぐらい 。

               夜はバーベキュー。

               質素ですが・・・、これ持参しました!

 

東シナ海の座間味島の海。眩しいほど青い。

 

座間味島の海。ベンチが眩しい・・・インスタ映え間違いなし‼

 

座間味の海は、ウミガメと一緒に泳げます。近寄っても逃げませんヨ。

 

電動アシスト自転車をレンタルし島を一周しました。これは楽ちん・・・

 

丘の上にあり開放的な『やんばるの森森林公園キャンプ場』

 

ヤシのように立ち上がる木性シダ『ヒカゲヘゴ』これぞジャングルのよう

 

ジャングルに群生していた『ヒカゲヘゴ』の新芽も天ぷらで食べるとおいしい!

一番左が『ヒカゲヘゴ』の天ぷら

 

マングローブの森。タコ足のようなものは『支柱根』。これ光合成を行っているんだって。

 

やんばる国立公園辺戸岬の海。この透明度、熱帯魚の泳ぐ姿がよく見える。

 

嵐のJALのCMで有名になった古宇利島のハートロック。

 

ヤンバルクイナ(ヤンバル生態展示施設にて) 

 

国頭村の道路ではヤンバルクイナに注意の道路標識が当たり前のようにありました。

 

世界遺産(文化遺産)の勝連城跡。

 

屋我地ビーチキャンプ場。テントの向こうは太平洋。

 

屋我地ビーチキャンプ場。夜は残念ながら満天の星空とはいきませんでした。

 

ホテルを挟んだとは云え、10日間のキャンプ旅も終わり、充実したキャンプでした。翌日は帰路に着いた次第です。

2019年05月15日