②八ヶ岳 硫黄岳~横岳縦走

【八ヶ岳 硫黄岳~横岳縦走 2019/3/9 ソロ山行日帰り】  寄稿者:坪田守泰


今回は美濃戸口(八ヶ岳山荘)に車を停め(車中泊)翌日に硫黄岳~横岳~赤岳をソロで日帰り縦走する計画です。
3月上旬の八ヶ岳は冬真っ只中の厳冬期です。
ルートは美濃戸口~美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~赤岳~行者小屋~美濃戸~美濃戸口
でしたが・・・

 

八ヶ岳山荘の前にある登山届ポスト。ここで登山届を提出します。

 

八ヶ岳山荘から赤岳鉱泉までの林道~登山道は急登もなく、歩きやすさでは軽アイゼンが一番。

 

林道の路面状態。轍部分は完全に凍結しています。
4本爪軽アイゼンが威力を発揮します。

北沢の林道はここまで。ここから先は登山道です。誰かがこんなところにテント張ってますね!

 

赤岳鉱泉(山小屋)とアイスキャンディー(人工のアイスクライミングゲレンデ)
初心者でも楽しめます。小屋は通年営業。美濃戸口から歩いて約3時間。
ここで12本爪アイゼンに履き替え硫黄岳を目指します。

赤岳鉱泉付近の気温-11.3℃くらいかな。山頂を含め、この日の最低気温でした。


 

硫黄岳方面へ。
大同心はアイスクライミングルート。数パーティーが準備していました。

 

赤岳鉱泉から硫黄岳山頂へ
この山は冬でも初心者でもラクラク登れます。だだっ広く眺望も360°良い。

 

硫黄岳の火口壁。

 

 

 

硫黄岳山頂からこれから縦走する左から横岳と赤岳(中央)と阿弥陀岳(右)。
天気は快晴。でも風強し。

 

双耳峰の東天狗岳と西天狗岳。左後ろは蓼科山。

 

 

御嶽山

 

乗鞍岳

 

 

中央アルプス

 

北アルプス

 

稜線を進み横岳の取り付き。かなり険しく難しいルートです。
2人が先行していきましたが、登る自信がないと撤退してきたようです。
落ちたら止まらないだろうと思いながらもチャレンジしました。

 

この雪の斜面をトラバースします。こんなところ渡れるのだろうか?

多分、無雪期は鎖が出ているのだろう。実は足元が崩れあわや滑落しそうになり、

ヒヤヒヤでした。今回の核心部分。

 

トラバースしたところを振り返って。鎖が出ている部分は安心です。

 

 

横岳山頂直下。もう一息で山頂です。パウダースノーで膝くらいまで・・・

 

横岳山頂。後ろに見える2人は横岳まで杣添尾根をピストンしてきた人たち。
後にかすかに富士山が見えます。

 

 

またトラバース。

 

横岳を超えて稜線から富士山。
いつ見ても素晴らしい!日本人なら誰でも感動しますね!

 

赤岳と横岳の間にあるコル(地蔵の頭)
残念ながら夕暮れが迫っていたのでここで断念。体力不足でした。
赤岳まではたどり着けず地蔵尾根を下りました。
昨年に文三郎尾根から地蔵の頭まで赤岳を超えてきたので、取り敢えず繋がったということで
良しとしました。

 

行者小屋。おそらく赤岳から下山してきた人たちで賑わってます。
ここで軽アイゼンに履き替え南沢を下ります。

横岳取り付きのトラバースは侮ってはいけません。それなりの技術が必要です。
行かれる方は技術を身に着けてからチャレンジしましょう。
以上、冬の八ヶ岳縦走でした。

2019年03月17日