①厳冬期の上高地でのテント泊

第一弾は、【厳冬期の上高地小梨平でのソロテント泊体験 2019/1/26~27】です。  

                             寄稿者:坪田守泰

 

低気圧が近づいている上高地、稜線上は荒天かも知れないけど高地と云えども上高地は平地なのでそれほど荒れないだろうと平湯バスターミナルに車を停め8時50分初の松本行きバスに乗り10分ほどで中の湯で降りた。

冬季の上高地へは釜トンネルから先は通行止めで車は入れない。ここから河童橋まで約6Km歩くのである。

今回、厳冬期の上高地でソロテント泊を試みました。

 

釜トンネル前、上高地のスノーシューハイクで訪れた人たちが準備で賑わっています。

 


釜トンネルを抜けて大正池から前穂高・明神岳方面を望む。ガスが掛かって見えない。

 

前も後も誰ぁ~れもいない。この一人ぼっちがたまりませんねぇ~。釜トンネル前にいた人たちは大正池散策コースをハイキングしていたようです。小生、車道を急ぎます

 

 

野生の猿には結構出会います。冬は食べ物が乏しいせいか木の枝をかじっていました。

 

 

上高地バスセンター。トレースがありません。夏はバスと観光客で賑わっています。ここで昼食とします。

 

 

12時河童橋到着。ひっそり静まり返って、人っ子一人いません。穂高連峰は全く望めず。

 

 

小梨平キャンプ場。今日はここにテントを張ります。先ずは整地です。

 

                     

テントを張りました。
ペグは刺すのではなく、横にしてカウヒッチで深く雪に埋める。これで抜けませんよ。

少し離れたところに張ったので、一人ではちょっと寂しい・・・

 

小梨平では冬季用トイレが使用できます。無雪期に使用できるトイレ。

 

       

この裏側に冬季用トイレがあります。

 

 

次の日の早朝。気温は-11℃。朝の4時頃まで雪が降っていたので、意外と暖かかったのかも・・・。

晴れていれば放射冷却で-20℃近くまで冷えていたことでしょう。

 

 

青年たちがイグルーを作っていました。快適に泊れたようです。

 


河童橋から穂高連峰を望む。

 


冬季は水が確保できないので、雪を溶かしてドリップコーヒーを淹れます。
これ、結構いけるんですヨ!

 

 

2時間粘りましたが奥穂高は姿を現してくれませんでした。
でも、かすかに見えるかなぁ~(河童橋から)

 

 

大正池からケショウヤナギと焼岳。さすが焼岳、存在感があります。
と云うわけで上高地を後にしました。
今度は、低気圧のいない晴天の日にまた来ようと心に誓ったのであった。

2019年01月26日