ブログ

サイト管理人のブログです。 

※管理人の個人的な活動であり、岐阜県キャンプ協会の活動とは一切関係ありません。

ブログ一覧

ブログはじめました

新連載・・・岐阜県キャンプインストラクターがいろんな体験や活動、WOH TOなどを定期的にアップしていきます。

2019年01月20日

①厳冬期の上高地でのテント泊

第一弾は、【厳冬期の上高地小梨平でのソロテント泊体験 2019/1/26~27】です。  

                             寄稿者:坪田守泰

 

低気圧が近づいている上高地、稜線上は荒天かも知れないけど高地と云えども上高地は平地なのでそれほど荒れないだろうと平湯バスターミナルに車を停め8時50分初の松本行きバスに乗り10分ほどで中の湯で降りた。

冬季の上高地へは釜トンネルから先は通行止めで車は入れない。ここから河童橋まで約6Km歩くのである。

今回、厳冬期の上高地でソロテント泊を試みました。

 

釜トンネル前、上高地のスノーシューハイクで訪れた人たちが準備で賑わっています。

 


釜トンネルを抜けて大正池から前穂高・明神岳方面を望む。ガスが掛かって見えない。

 

前も後も誰ぁ~れもいない。この一人ぼっちがたまりませんねぇ~。釜トンネル前にいた人たちは大正池散策コースをハイキングしていたようです。小生、車道を急ぎます

 

 

野生の猿には結構出会います。冬は食べ物が乏しいせいか木の枝をかじっていました。

 

 

上高地バスセンター。トレースがありません。夏はバスと観光客で賑わっています。ここで昼食とします。

 

 

12時河童橋到着。ひっそり静まり返って、人っ子一人いません。穂高連峰は全く望めず。

 

 

小梨平キャンプ場。今日はここにテントを張ります。先ずは整地です。

 

                     

テントを張りました。
ペグは刺すのではなく、横にしてカウヒッチで深く雪に埋める。これで抜けませんよ。

少し離れたところに張ったので、一人ではちょっと寂しい・・・

 

小梨平では冬季用トイレが使用できます。無雪期に使用できるトイレ。

 

       

この裏側に冬季用トイレがあります。

 

 

次の日の早朝。気温は-11℃。朝の4時頃まで雪が降っていたので、意外と暖かかったのかも・・・。

晴れていれば放射冷却で-20℃近くまで冷えていたことでしょう。

 

 

青年たちがイグルーを作っていました。快適に泊れたようです。

 


河童橋から穂高連峰を望む。

 


冬季は水が確保できないので、雪を溶かしてドリップコーヒーを淹れます。
これ、結構いけるんですヨ!

 

 

2時間粘りましたが奥穂高は姿を現してくれませんでした。
でも、かすかに見えるかなぁ~(河童橋から)

 

 

大正池からケショウヤナギと焼岳。さすが焼岳、存在感があります。
と云うわけで上高地を後にしました。
今度は、低気圧のいない晴天の日にまた来ようと心に誓ったのであった。

2019年01月26日

②八ヶ岳 硫黄岳~横岳縦走

【八ヶ岳 硫黄岳~横岳縦走 2019/3/9 ソロ山行日帰り】  寄稿者:坪田守泰


今回は美濃戸口(八ヶ岳山荘)に車を停め(車中泊)翌日に硫黄岳~横岳~赤岳をソロで日帰り縦走する計画です。
3月上旬の八ヶ岳は冬真っ只中の厳冬期です。
ルートは美濃戸口~美濃戸~赤岳鉱泉~硫黄岳~横岳~赤岳~行者小屋~美濃戸~美濃戸口
でしたが・・・

 

八ヶ岳山荘の前にある登山届ポスト。ここで登山届を提出します。

 

八ヶ岳山荘から赤岳鉱泉までの林道~登山道は急登もなく、歩きやすさでは軽アイゼンが一番。

 

林道の路面状態。轍部分は完全に凍結しています。
4本爪軽アイゼンが威力を発揮します。

北沢の林道はここまで。ここから先は登山道です。誰かがこんなところにテント張ってますね!

 

赤岳鉱泉(山小屋)とアイスキャンディー(人工のアイスクライミングゲレンデ)
初心者でも楽しめます。小屋は通年営業。美濃戸口から歩いて約3時間。
ここで12本爪アイゼンに履き替え硫黄岳を目指します。

赤岳鉱泉付近の気温-11.3℃くらいかな。山頂を含め、この日の最低気温でした。


 

硫黄岳方面へ。
大同心はアイスクライミングルート。数パーティーが準備していました。

 

赤岳鉱泉から硫黄岳山頂へ
この山は冬でも初心者でもラクラク登れます。だだっ広く眺望も360°良い。

 

硫黄岳の火口壁。

 

 

 

硫黄岳山頂からこれから縦走する左から横岳と赤岳(中央)と阿弥陀岳(右)。
天気は快晴。でも風強し。

 

双耳峰の東天狗岳と西天狗岳。左後ろは蓼科山。

 

 

御嶽山

 

乗鞍岳

 

 

中央アルプス

 

北アルプス

 

稜線を進み横岳の取り付き。かなり険しく難しいルートです。
2人が先行していきましたが、登る自信がないと撤退してきたようです。
落ちたら止まらないだろうと思いながらもチャレンジしました。

 

この雪の斜面をトラバースします。こんなところ渡れるのだろうか?

多分、無雪期は鎖が出ているのだろう。実は足元が崩れあわや滑落しそうになり、

ヒヤヒヤでした。今回の核心部分。

 

トラバースしたところを振り返って。鎖が出ている部分は安心です。

 

 

横岳山頂直下。もう一息で山頂です。パウダースノーで膝くらいまで・・・

 

横岳山頂。後ろに見える2人は横岳まで杣添尾根をピストンしてきた人たち。
後にかすかに富士山が見えます。

 

 

またトラバース。

 

横岳を超えて稜線から富士山。
いつ見ても素晴らしい!日本人なら誰でも感動しますね!

 

赤岳と横岳の間にあるコル(地蔵の頭)
残念ながら夕暮れが迫っていたのでここで断念。体力不足でした。
赤岳まではたどり着けず地蔵尾根を下りました。
昨年に文三郎尾根から地蔵の頭まで赤岳を超えてきたので、取り敢えず繋がったということで
良しとしました。

 

行者小屋。おそらく赤岳から下山してきた人たちで賑わってます。
ここで軽アイゼンに履き替え南沢を下ります。

横岳取り付きのトラバースは侮ってはいけません。それなりの技術が必要です。
行かれる方は技術を身に着けてからチャレンジしましょう。
以上、冬の八ヶ岳縦走でした。

2019年03月17日

③沖縄キャンプ旅

【沖縄キャンプ旅(9泊10日) 2019/4/28~5/7】  寄稿者:坪田守泰

今年のGWは10連休。沖縄へキャンプ旅と洒落込みました。
コースは
1日    岐阜⇒沖縄那覇(ホテル1泊)
2~5日  那覇⇒座間味島(テント3泊)
5日    座間味島⇒那覇(ホテル1泊)
6~8日  やんばるの森森林公園(テント2泊)
8日    名護(ホテル1泊)
9~10日 伊我屋ビーチ(テント1泊)
10日   那覇⇒岐阜・・・帰宅
というわけで、風呂にも入りたいし携帯・スマホの充電も必要で、ホテルを挟みテント
6泊と云う行程です。

座間味島のキャンプ場。外国人(欧米・台湾・韓国さまざま)が半分ぐらい 。

               夜はバーベキュー。

               質素ですが・・・、これ持参しました!

 

東シナ海の座間味島の海。眩しいほど青い。

 

座間味島の海。ベンチが眩しい・・・インスタ映え間違いなし‼

 

座間味の海は、ウミガメと一緒に泳げます。近寄っても逃げませんヨ。

 

電動アシスト自転車をレンタルし島を一周しました。これは楽ちん・・・

 

丘の上にあり開放的な『やんばるの森森林公園キャンプ場』

 

ヤシのように立ち上がる木性シダ『ヒカゲヘゴ』これぞジャングルのよう

 

ジャングルに群生していた『ヒカゲヘゴ』の新芽も天ぷらで食べるとおいしい!

一番左が『ヒカゲヘゴ』の天ぷら

 

マングローブの森。タコ足のようなものは『支柱根』。これ光合成を行っているんだって。

 

やんばる国立公園辺戸岬の海。この透明度、熱帯魚の泳ぐ姿がよく見える。

 

嵐のJALのCMで有名になった古宇利島のハートロック。

 

ヤンバルクイナ(ヤンバル生態展示施設にて) 

 

国頭村の道路ではヤンバルクイナに注意の道路標識が当たり前のようにありました。

 

世界遺産(文化遺産)の勝連城跡。

 

屋我地ビーチキャンプ場。テントの向こうは太平洋。

 

屋我地ビーチキャンプ場。夜は残念ながら満天の星空とはいきませんでした。

 

ホテルを挟んだとは云え、10日間のキャンプ旅も終わり、充実したキャンプでした。翌日は帰路に着いた次第です。

2019年05月15日

④夏の徳澤キャンプ

【夏の徳澤キャンプ(2泊3日)2019.07.14~16】 寄稿者:坪田守泰

 

夏の上高地、特に徳澤でのキャンプは最高です。今年で2回目となります。

最終日が平日に掛かるので空いているはず!

 

シャトルバスで上高地へ(あかんだな駐車場バス停)

 

みな登山客ですか?この時期はかなりの混雑のはずなのに閑散と(上高地バスターミナル)

 

河童橋。人出はそこそこで賑わっていますが、天気はいまいち・・・

 

       ミヤマキンバイ

 

       ミヤマカラマツ

 

       クルマユリ

 

河童橋から約2時間ほどで徳澤に到着、早速設営しました。

詰め込んだザックの重量は23Kgでした。

タープとテーブルにチェアまで持ち込む人は少ないが、キャンプはこうでなくちゃネ❕

 

夕食は質素に・・・ウインナーソーセージとフライとキャベツの炒め物!

まだ、チャーハンもあります。写ってないけど・・・

 

夕方、雨の中テントを設営する人たち。岳沢を下ってきたとか。はて、明日は何処へ (・・?

 

翌日は、涸沢へハイキング。雨の所為で水量は多い。本谷橋

 

雨の所為で屛風岩に滝が・・・

 

       ゴゼンタチバナ

 

まだまだ雪渓が残る。その昔、この辺りは氷河が削った跡。カール地形がよく分かる。

アイゼンなしでも登れます。

 

涸沢ヒュッテか奥穂高山荘方面を望む。閑散としてチョット寂しいですね!

残雪が少ない気がしました。

 

昼は涸沢ヒュッテでラーメン。当然ビールも呑みました。写ってないけど・・・

この席は、火気厳禁でストーブが使えません。お湯も沸かせないと云うことですね!

 

       ナナカマドの花は白い。葉は真っ赤に色づくのに。

 

       ギンリョウソウ❓ 初めて見ましたぁ~ \(^o^)/

 

親子連れのサルたちが目の前を・・・

 

 

最終日は快晴となりました☀

徳澤はさらに閑散となりました・・・

2019年08月01日
» 続きを読む